過去の受賞者
は文学大賞
年度 受賞者 作品
1 1972年度
中渡瀬正晃 小説「冷える」
2 1973年度
河野修一郎 小説「石を背負う父」
3 1974年度
島尾 ミホ 随筆「海辺の生と死」
浜田喜代子 詩集「藻の花」
4 1975年度
該当作なし
5 1976年度
原井カズエ 小説「少年と鳥籠」
6 1977年度
杢田 瑛二 詩集「父型」
7 1978年度
風見  治 小説「スフィンクスに」
8 1979年度
該当作なし
9 1980年度
沖 百百枝 小説「水子地蔵」
岡田 哲也 詩集「海の陽 山の陰」
10 1981年度
三原 実敏 小説「偸安」
進  一男 詩集「日常の目」
11 1982年度
武田美智子 小説「赤つめ草の冠」
12 1983年度
立石 富男 小説「うしろ姿」
13 1984年度
奈良迫ミチ 小説「パリの朝」
14 1985年度
島 比呂志 小説「海の砂」
竹元 隆洋 詩集「海賊船」
15 1986年度
阿久根星斗 小説「永遠に消えず」
村永美和子 詩集「島・波のあちら」
16 1987年度
該当作なし
17 1988年度
森田 一正 小説「ホムンクルス」
18 1989年度
相星 雅子 小説「下関花嫁」
高岡  修 詩集「二十項目の分類のためのエスキス・ほか」
19 1990年度
福元 正實 小説「七面鳥の森」
元野 影一 詩集「塔の消えた日」
20 1991年度
藤井 令一 詩集「巫島狂奏曲」
久井 稔子 評論「島尾敏雄氏の旅行記」
21 1992年度
南海 良治 小説「戻り梅雨」
22 1993年度
該当作なし
23 1994年度
松元 肇子 小説「異邦人の夏」
24 1995年度
石峰意佐雄 詩集「反響」とその一連の創作活動
小澤 聖子 小説「冬舞」
25 1996年度
茂山 忠茂 詩集「不安定な車輪」
出水沢藍子 小説「グンセイフの夜」
26 1997年度
土師 照子 小説「もう月も行く」
27 1998年度
福迫 光英 小説「水豹」
28 1999年度
鳥居佐智子 小説「たとえば空をうたう日」
29 2000年度
谷口 雄三 小説「ブリジストン」
30 2001年度
吉松美津子 詩集「石女の海」
31 2002年度
宇宿 一成 詩集「千年」
32 2003年度
陳   躍 詩 「故郷」
33 2004年度
伊福 満代 小説「夏の果て」
34 2005年度
池田 純子 小説「ホルマリンベビー」
35 2006年度
田ノ上淑子 小説・文芸評論部門=小説「隣人の影」
三角みづ紀 詩部門=詩集「カナシヤル」
36 2007年度
野見山潔子 小説・文芸評論部門=小説「気配」
うるしやまちひろ 詩部門=「『半笑いの騎士たち』他十四篇」
37 2008年度
島田いつき 小説・文芸評論部門=小説「プライド」
おぎぜんた 詩部門=「The Africa アフリカ」
38 2009年度
岡村知鶴子 小説・文芸評論部門=小説「かなくそ坂」
詩部門=該当作なし
39 2010年度
永田 祥二 小説「狐の行列」
40 2011年度
永坂 理重 小説・文芸評論部門=小説「オールターン」
田中 秀人 詩部門=「セイタカアワダチソウ」
41 2012年度
さかがみえま 小説・文芸評論部門=小説「ザベスの襟」
42 2013年度
藤田 和子 小説・文芸評論部門=小説「巣立ちの家」
桐木平十詩子 詩部門=「決壊」
43 2014年度
谷口 元子 小説・文芸評論部門=小説「山門」
小平田史穂 詩部門=「蠢動」
44 2015年度
野上 夏美 小説「独楽」
45 2016年度
類沙いくよ 小説・文芸評論部門=小説「エルニーニョ」
藤  由朝 詩部門=「一握の砂、そしてわたし」
主催 南日本新聞社