未来へ  「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

12月10日は出水高校

(2016-12-10)
毎年11月にある「史蹟巡り」で特攻碑公園の防空壕跡を見学する生徒
 ■「出水兵児」の精神胸に 史蹟巡り地元の歴史学ぶ
 出水高校は出水市唯一の公立の進学校である。自分たちの住む出水への愛郷心や、地域とのつながりを大切にするという古くからのよき伝統を引き継いでいる。
 大きな影響を与えているのは「出水兵児(へこ)修養掟しゅうようのおきて」だろう。出水は昔、薩摩藩の守りのかなめであり、郷中教育に力を入れていた。そこで若者をたくましく「出水兵児」として育てるために修養掟が作られたと言われている。武士の志を表しているが、「人としての心構えを説く上での傑作」として今の世の中にも通用するとされ、多くの人に親しまれている。
※記事全文は10日の南日本新聞16面をご覧ください!

■推しメン!!「津田広和さん(32) 出水高校OB、財務省大臣官房秘書課」
■チェック「こだわりの学生食堂 味よく、心のオアシス」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。