未来へ  「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

4月22日は垂水高校

(2017-04-22)
次の1週間に向けてグループミーティングで語り合う生徒ら
■ネット講座で自学充実
 垂水高校の特徴ある取り組みに「東進衛星予備校垂水高校版」がある。希望すれば大手予備校・東進ハイスクールがインターネットで提供する講座を自己負担なく受講でき、勉強を進める際は先生のバックアップも受けられるとあって、生徒に好評だ。昨年度は29人が受講した。
 東進ハイスクールを運営するナガセ(東京都)の永瀬昭幸社長が垂水市出身という縁で2015年度に始まった、市の同校振興支援策の一つ。同社と市が協力し、生徒の負担増にならないよう配慮している。
 
※記事全文は22日の南日本新聞16面をご覧ください!

■推しメン!!「ニコル・ミカレクさん(31) 外国語指導助手」
■チェック「フリマガTaruTama 生徒視点の記事ずらり」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。