未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

8月26日は松陽高校

(2017-08-26)
松陽高校バージョンで上演したオペラ「カルメン」。西郷どんも登場した 
■魅力的なオペラや音楽
 6月9日と10日の2日間にわたり、第34回文化祭が開催された。今回の文化祭のテーマは「笑遥 In full bloom~咲きほこれ 松陽の花~」だった。正門には毎年美術科によって制作されるアーチがそびえ立つ。今年のアーチもテーマにふさわしい壮大なものだった。
 文化祭の中心は、やはりステージ発表である。普通科3年生の劇やダンス、音楽科のステージなどのクラス発表がある。今年は2年生の音楽科が自分たちで作詞作曲した合唱曲を披露した。また各部活動のステージも素晴らしく、書道部の書道パフォーマンスや、演劇部の笑いあり涙ありの舞台劇などが繰り広げられた。3年音楽科と美術科がコラボレーションするステージ(演奏に合わせてステージ上で絵を描き上げる)も大成功だった。中でも印象的だったのは、音楽部によるオペラ「カルメン」だ。その内容は私たちをオペラの世界に引き込むものだった。
※記事全文は26日の南日本新聞16面をご覧ください!

■推しメン!!「立石純也さん(47) 音楽科教諭・吹奏楽部顧問」
■チェック「初の校内スタンプラリー 体験入学で生徒会が企画」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。