未来へ  「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

9月9日は鹿児島大学

(2017-09-09)
「ミンダナオ子ども図書館」の子どもたち
■エコバッグで海外支援
 「日本に一番近いイスラム紛争地域」とされるフィリピンのミンダナオ島。その現状を多くの人に知ってもらい、現地に暮らす子どもたちの就学やゴムの木の植樹を支援しようと、エコバッグの販売を計画している鹿児島大生4人がいる。若者や留学生をサポートする鹿児島市の非営利団体「響(ひびき)」(牟田京子代表)との共同活動だ。
 大学院農学研究科1年の山田誠太郎さん(24)、法文学部経済情報学科2年の山元里紗さん(19)らで、取り組みは鹿児島大学が学生の主体的な活動を支援する「進取の精神チャレンジプログラム」に7月、採択された。
※記事全文は9日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「白石優生さん(20) 法文学部人文学科3年」
■チェック「知名度アップに奮闘 ガバディ部に広報担当」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。