未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

9月23日は奄美高校

(2017-09-23)
奄美の伝統文化を大切にしながら活動している郷土芸能部
■伝統継承へ全校一丸
 私たちの通う奄美高等学校は、機械電気科、商業科、情報処理科、家政科、衛生看護科の5学科を有する大島学区唯一の専門高校である。「自主創造の精神」、「友愛奉仕の態度」、「不撓不屈の根性」を校訓に掲げ、全校生徒が学業、資格取得、部活動、地域でのボランティア活動等に頑張っている。
 本校は、1917(大正6)年に名瀬村立名瀬実科高等女学校として開校し、今年度創立100周年を迎えた。開校から100年の間に幾度かの改称、移管、移転、分離、統合を繰り返している。その長い歴史の中では、悲しい戦争のために奄美大島がアメリカ統治の時代もあったが、多くの先輩方や関わった先生方、支えてくださった地域の方々が、1年また1年と積み上げてきたその歴史を考えると、次の世代に奄美高校の歴史を受け継ぐ大きな責任が私たち生徒にはあると思う。
※記事全文は23日の南日本新聞17面をご覧ください!

■推しメン!!「宮迫崇文さん(43) 機械電気科教諭」
■チェック「島への思いを込めて 恒例の体育祭“八月踊り”」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。