おやっとさぁ
吉田沙保里が南日本新聞社を訪問(2012/11/03)
 世界選手権と五輪を合わせて13大会連続世界一を達成し、国民栄誉賞受賞が決まったレスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手(30)=ALSOK=と、女子日本代表監督の栄和人さん(52)=奄美市笠利出身=が2日、南日本新聞社を訪れロンドン五輪の優勝報告をした。

自転車 前田が五輪出場を報告(2012/08/28)
 ロンドン五輪自転車女子スプリント代表の前田佳代乃(鹿屋体大4年)が28日、鹿児島市の南日本新聞社を訪れ、出場報告を行った。入賞はならなかったが、世界のトップ選手とのレースや選手村での生活などを振り返り、「五輪の舞台に立てたことは自信になる。この経験を次に生かしたい」と笑顔を見せた。

ウェイクボード 浅井未来がW杯3位を報告(2011/10/01)
 プロウェイクボーダーの浅井未来(24)=旧吾平町出身=が、15~18日にマレーシアであったワールドカップで3位に入った。「パーフェクトではなかったけど、『表彰台に立つ』『魅せる』という二つの目標は達成できた」と喜びを語った。

競歩 大中原(神村高)が全国総体Vを報告(2011/08/23)
 2011年度全国高校総合体育大会(熱戦再来 北東北総体)で、陸上の女子5000メートル競歩に優勝した大中原麻依(神村学園)が23日、報告のため鹿児島市の南日本新聞社を訪れた。新種目で初代女王になった喜びとともに、出場の可能性が高い10月の山口国体への意欲も語った。

「が~まるちょば」がキター!(2011/08/10)
 世界28カ国でパントマイムの公演経験を持つ「が~まるちょば」が鹿児島市の南日本新聞社を訪れ、2011年10月25日に鹿児島市民文化ホール第2で開くライブ「サイレントコメディー JAPAN TOUR 2011」をPR。即興パントマイムを披露した。が~まるちょばは赤モヒカンのケッチ!と黄モヒカンのHIRO-PONの2人組。

福岡ソフトバンク王貞治会長が鹿児島公式戦に意欲(2011/04/22)
 九州新幹線全線開業に合わせたパ・リーグ公式戦「新幹線シリーズ」ソフトバンク-ロッテ戦が23日午後1時、鹿児島市の県立鴨池球場である。鹿児島でのプロ野球1軍公式戦は2005年7月以来で、ソフトバンク戦は初めて。22日はソフトバンクの王貞治会長が南日本新聞社を訪れ、「相手は昨年の日本一チームで、いい内容の試合になる。ぜひ球場に足を運んで」と呼びかけた。

バレープレミアリーグ女子 JTが来訪(2011/02/04)
 薩摩川内市と鹿児島市で行われる2月5、6日のバレーボールのVプレミアリーグ女子鹿児島大会を前に、JTマーヴェラスが4日、同市の南日本新聞社を訪問。坂下麻衣子主将と日本代表の竹下佳江、山本愛両選手のほか、石原昭久監督、武田祐二部長の5人が訪れた。

青森県副知事が新幹線連結で期待(2010/05/18)
 東北新幹線は12月4日に全線開業を迎える。特産品PRのため鹿児島市を訪れていた青森県の青山祐治副知事は、来年3月の九州新幹線全線開業により鹿児島との一層のつながりに期待を語った。

哀川 翔さんが映画ゼブラーマン2をPR(2010/04/27)
 鹿屋市出身の俳優哀川翔さんが27日、主演映画「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲」(5月1日公開)のPRに南日本新聞社を訪れた。「迫力ある戦いに歌や踊りを交え、かっこいい映画に仕上がった」と全作に続くヒットに期待した。

鹿児島女が高校選抜女子バレー3位を報告(2010/03/29)
 バレーボール女子の全国高校選抜優勝大会で3位に入った鹿児島女が29日、鹿児島市の南日本新聞社を訪れ、笑顔で喜びを報告した。

ソニーがハンド日本リーグ女子プレーオフVを報告(2010/03/29)
 ハンドボール日本女子リーグプレーオフで初優勝したソニーセミコンダクタ九州(霧島市)が29日、鹿児島市の南日本新聞社を訪れ、笑顔で喜びを報告した。

神村学園が全国駅伝大会4位を報告(2010/01/19)
 全国高校駅伝(昨年12月・京都)で4位入賞を果たした神村学園高女子駅伝部の選手らが19日、鹿児島市の南日本新聞社を訪れた。有川哲蔵監督は「次につながるレースはできた」と評価した。

が~まるちょば が即興(2009/12/14)
 世界26カ国でパントマイムの公演経験を持つが~まるちょばが鹿児島市の南日本新聞社を訪れ、2010年2月26日に同市市民文化ホール第2で開くライブ「サイレントコメディー JAPAN TOUR 2010」をPR。即興パントマイムを披露した。が~まるちょばは赤モヒカンのケッチ!と黄モヒカンのHIRO-PONの2人組。