冬空に輝く南十字星 牧園から撮影

(2017 01/08 20:00)
霧島市牧園から捉えた南十字星γ星(中央やや下)=上田聰館長提供
 南十字星のひとつ、γ(ガンマ)星=固有名・ガクルックス=を、姶良市のスターランドAIRAの上田聰館長(62)が霧島市牧園から写真に収めた。上田館長は「天文愛好家には憧れの南半球の星。空の透明度が高い冬場は観測に適しており、双眼鏡で探してみては」と勧めている。
 γ星は南十字星の四つ星の一番上にある。北半球の日本では南九州以南で観測でき、今の時季は明け方、南の低い位置に見られるという。撮影は12月31日の午前5時半ごろ。霧島市牧園にある上田館長の私設観測所で、屈折望遠鏡とデジタルカメラを使って捉えた。
(記事全文は9日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース