センター試験、防寒しっかり 鹿児島地方、冬型強まる

(2017 01/09 23:55)
 鹿児島地方は週末に向け、冬型の気圧配置が徐々に強まる。ピークは大学入試センター試験がある14、15日で、鹿児島市の最低気温は2~3度まで下がる見込み。週を通して寒暖の差が大きく、受験生は体調管理に注意が必要だ。
 鹿児島地方気象台によると、12日までの週前半の気温は平年並みか、平年より高めの日が続くが、13日夜ごろから寒気が流れ込んで気温が下がる。
 14日の鹿児島市の最低気温は3度、最高気温は9度、15日は最低気温が2度まで下がると予想。9日に比べ、最高、最低気温はいずれも約7度低くなるとみられている。

フォトニュース