奄美の島唄、魅力知って NPOがカレンダー製作

(2017 01/11 13:00)
島唄の歌詞が日ごとに紹介されている日めくりカレンダー=鹿児島市山下町
 奄美の歴史や文化を発信するNPO法人ほこらしゃの風が、島唄の歌詞をつづった日めくりカレンダーを作った。「親ふじんきゃぬ唄美(きょ)らさ」(親から代々伝わる唄の美しさ)と題し、島民の生活に根差し歌い継がれる島唄の魅力を伝える。
 島唄は地域や年代の違いで、同様の歌詞がさまざまな曲に使われる場合もあり、掲載している歌詞は「長雲」「ヨイスラ節」などのべ20曲になる。歌詞には島口(方言)のルビがふられ、対訳も付けられている。
 掲載するのは両親の長生きを願うものや、米軍統治下時代の苦しみをつづった内容など多岐にわたる。
(記事全文は11日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース