41年目、出水商高伝統の百人一首大会 美しい日本語学ぶ

(2017 01/12 20:00)
練習の成果を発揮する生徒=12日、出水市の出水商業高校
 出水市の出水商業高校で12日、全校生徒(396人)参加の「新春百人一首大会」があった。今年で41年目となる伝統行事。生徒たちは体育館に準備された畳の上で熱戦を繰り広げた。
 和歌に親しみ美しい日本語の使い方、四季や他人を思う心を養うのが目的。互いの持ち札50枚を先に無くした方が勝ちとなる「源平戦」で実施され、各クラスから3チームが出場し、予選リーグと決勝トーナメントで争った。
(記事全文は13日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース