曽於市長選「○」で投票 鹿児島県内初の記号式提案へ

(2017 02/14 13:00)
 曽於市は13日、7月30日の任期満了に伴う市長選で記号式投票を導入する方針を明らかにした。投票用紙に列記された候補者名の中から、意中候補に丸印のスタンプを押して投票する。記号式は県内では初めて。17日開会の市議会定例会に条例制定案を提案する。
 これまでは投票用紙に候補者の氏名を書いていた。記号式は投票台に用意されたスタンプで「○」と記すため、書き間違いや書かれた字が読みにくいことなどがなくなり、疑問票の減少が期待される。投票者の意思がより明確に反映され、開票時間の短縮にもつながるという。
(記事全文は14日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース