樹齢100年の紅梅、青空に映え 鹿児島市

(2017 02/16 13:00)
見頃を迎えた紅梅=15日、鹿児島市伊敷3丁目
 鹿児島市伊敷3丁目の福留和冶さん(84)、正和さん(66)兄弟宅で、父の代から育てている紅梅の老木が見頃を迎えている。15日には五分咲きとなり、青空に薄桃色のかれんな花が映えた。天気に恵まれれば、満開は18日頃の見込み。
 推定樹齢104年という高さ7メートル、幹周り1.3メートルの木に加えて、80年ものの2本が枝を張る。品種は鹿児島紅梅で1月19日に開花。風に乗り、ほのかに甘酸っぱい香りも漂う。
(記事全文は16日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース