鹿児島県内で3年ぶり春一番 4月並みの暖かさ

(2017 02/17 23:00)
 鹿児島地方気象台は17日、九州南部と奄美地方で、3年ぶりとなる春一番が吹いたと発表した。鹿児島県内は暖かい空気が流れ込み、ほぼ全域で、4月上旬から下旬並みの暖かさとなった。
 春一番は、立春から春分の日までに吹く南寄りのやや強い風。2016年と15年はともに観測されず、14年は3月13日に吹いた。
(記事全文は18日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース