奉納模型船運び、安全祈願 吹上・船木神社で船こぎ祭り

(2017 03/21 06:30)
輪になって模型船を回す地域住民ら=20日午前、日置市吹上の船木神社
 日置市吹上の船木神社で20日、奉納されている模型の船を外に出して、豊作や家内安全を祈願する、「船こぎ祭り」があった。
 神社には、古くから祝い事などに合わせて木製の船が納められており、約60隻が現存する。最も古いものは江戸時代の1786(天明6)年との記述がある。
 この日は雨に見舞われ、船の巡回は境内でなく拝殿内であった。地域住民が「エンヤオー、エンヤオー」の掛け声とともに、1メートル前後の船を揺らしながら手渡しし再び納めた。
(記事全文は21日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース