観光路面電車実現へ初会合 鹿児島市が導入連絡会議

(2017 03/23 23:00)
観光路線の検討経過について説明を聞く委員ら=鹿児島市役所
 鹿児島本港区に路面電車の観光路線新設を目指す鹿児島市は23日、ルート案の課題を話し合う「導入連絡会議」の初会合を市役所で開いた。組織での協議は2012年度の「検討連絡会議」以来。委員は現状に即した交通予測や、県が来年度着手を打ち出した本港区のグランドデザインも踏まえた対応を求めた。
 委員からは「桜島桟橋と鹿児島駅を直結するルートが理想」と具体的な意見が出る一方、臨港道路鴨池港-中央港区間の着工や鹿児島北バイパス整備の状況をにらみ、交通の変化を十分検討するよう求める声が出た。
(記事全文は24日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース