高校ブースに採用担当列、鹿児島県が初の「企業の魅力説明会」

(2017 04/21 13:00)
高校のブースに並び懸命にPRする企業側(左)=20日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル
 鹿児島県内の高校の就職指導担当者に企業をPRする「県内企業の魅力説明会」が20日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルであった。通常の就職相談会とは逆に、企業側が各高校のブースに並ぶ方式。売り手市場を反映し、採用担当者が目当ての高校に列を作った。
 地元の中小企業を知ってもらい県内就職の促進を図ろうと県が初めて企画した。高校48校(77人)と企業166社(254人)が参加。企業は会社のパンフレットなどを手渡し、労働条件や福利厚生を懸命にアピールした。
(記事全文は21日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース