エア遮断機 都城市と三股町に設置

(2017 06/12 20:00)
大雨を想定した訓練で自動で膨らむエア遮断機=三股町樺山
 宮崎県都城土木事務所は、豪雨の際に自動で通行を規制するエア遮断機を、都城市1カ所と三股町2カ所に設置し、7日から運用を始めた。線路下などの掘り下げ道路(アンダーパス)が冠水した際、車の立ち往生を防ぐ目的で、九州での設置は初めて。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース