薩摩西郷梅収穫に笑顔 さつま町

(2017 06/14 13:00)
収穫したウメをはかりに載せる子ども=さつま町中津川
 さつま町特産の「薩摩西郷梅」の収穫祭と販売会が11日、同町中津川であった。遠くは福岡市から、家族連れら約100人が参加。甘酸っぱい香りが漂う実を袋いっぱいに収穫した。
 薩摩西郷梅生産組合(竹之内孝二代表理事)が4年前から開いている。今年は少雨などのため黄熟するのが遅く、参加者は木に鈴なりの実をちぎりながら梅園を巡っていた。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース