ハス鮮やか 鹿児島県梅雨本番へ

(2017 06/20 00:30)
夏の日差しの下、堀に咲くハスの花=鹿児島市城山町
 21日は昼の時間が1年で最も長い「夏至」。暦の上では夏本番だが、九州南部は20日以降、雨や曇りの予報が続いており、本格的な雨のシーズン突入となりそうだ。
 県内各地で晴れ間が広がった19日、鹿児島市城山町の鶴丸城跡の堀では、ピンク色のハスの花があちこちで咲き、通行人の目を楽しませていた。
 鹿児島地方気象台によると、県内は20、21日、梅雨前線の影響で、局地的に雷を伴う大雨となる恐れがある。総雨量は多い所で200ミリに達するとみられ、土砂災害や河川の増水に警戒が必要だという。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース