二つの「鶴丸マーク」 JALが鶴丸高出身スタッフで盛り上げ

(2017 07/12 23:45)
高校の後輩と一緒に二つの「鶴丸マーク」を掲げる日本航空の花園浩一さん(前列中央)と三輪かおりさん(同右)=霧島市の鹿児島空港
 鶴丸高校(鹿児島市)の2年生約320人が12日、修学旅行で東京へ出発した。うち約120人が乗った日本航空(JAL)の飛行機では、鶴丸OBのパイロットとOGの客室乗務員が搭乗し、旅を盛り上げた。
 「空に関わる職業を身近に感じてほしい」とJALが発案。生徒に内緒で企画を進め、機長の花園浩一さん(46)=鹿児島市出身=と、チーフキャビンアテンダントの三輪かおりさん(47)=同=が鹿児島空港の搭乗口で出迎えた。
 生徒は驚きの表情を浮かべ、JALのロゴと校章という二つの「鶴丸」を2人と一緒に掲げた。三輪さんは「思い出の一つに刻んでもらえればうれしい。この中から後輩社員が出てくればもっとうれしい」。

フォトニュース