岩ガキ養殖、鹿児島県内で増 新たな特産品へ

(2017 07/13 13:00)
手のひらサイズに育った「志布志の岩がき」
 鹿児島県内の漁業者らが、旬を迎えた岩ガキの養殖に取り組んでいる。温暖な鹿児島の海でも育ち、餌やりが不要。冬が旬のマガキに比べてサイズも大きく、新たな特産品にしようと関係者の鼻息は荒い。ただ、県内では稚貝の生産技術が確立されていない上、販路開拓など課題も多く、手探りの状態が続く。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース