消防団OB会 初動手助け 50~70代20人で発足 曽於市・菅牟田分団

(2017 07/14 20:00)
火災の初動を手助けする「菅牟田消防団OB会」の発足会合=曽於市大隅
 曽於市消防団大隅方面隊の菅牟田分団に、地元の火災で初動を手助けするOB会が発足した。平日の日中など団員が手薄な時間帯の活動を想定し、初期消火や放水作業の後方支援などを担う。8日、菅牟田環境改善センターで発足会を開き、50~70代のOB20人が名を連ねた。
 菅牟田分団員は現在21人で、多くは地区外に勤めている。迅速に出動できる地元自営業者は3人。平日昼は十分な人数を確保しづらい状況。今年、近隣地区で日中に発生した林野火災は2回あり、現場に行けたのはそれぞれ5、6人だった。初動の遅れや、他分団に消防水利を案内できないなどの不都合が懸念されていた。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース