自慢の超早場米で熊本の被災者を激励 金峰中学生が手作りラベル 南さつま

(2017 08/09 22:00)
新米を袋に詰める金峰中学校生徒ら=南さつま市の金峰文化センター
 熊本地震の被災者を元気づけようと、南さつま市の金峰中学校の生徒らが11日、特産の超早場米「金峰コシヒカリ」の新米600キロを、消防団などと熊本県宇城市の仮設住宅に届ける。生徒らは「まごころ米(コメ)て…」と名付け、袋に貼ったラベルには、一人一人が激励のメッセージを添えた。
 昨年4月の熊本地震後、当時の2年生は福岡、長崎への修学旅行の途中、ブルーシートがかかった家や、傾いた電柱など益城町の現状を目の当たりにした。生徒会長で3年の宇治野瑠果(るか)さんは「胸が熱くなったのを思い出す」という。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース