県内初の「完全養殖」カンパチ 初出荷 垂水

(2017 09/05 23:50)
いけすから水揚げされた「錦のカンパチ」=垂水市の海潟漁港沖
 鹿児島県内で人工授精の卵から育てた親魚の卵を人工授精し、稚魚を再び養殖する県内初の「完全養殖」のカンパチが5日、垂水市で水揚げされた。県が20年前から研究・生産に取り組む人工の種苗(稚魚)を、同市の養殖業者が育てた「錦のカンパチ」。稚魚を天然物に頼らず資源保護につながるうえ、稚魚段階から履歴などを管理でき、安心・安全の“純鹿児島産”として期待がかかる。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース