徳之島がテーマ、島民も出演 武蔵野大生が短編映画撮影

(2017 09/11 15:00)
徳之島の伝統行事「浜下れ」を取材する学生たち=8月19日、徳之島町井之川
 武蔵野大学(東京都江東区)の学生たちが徳之島で、短編動画の撮影をした。役者に島民を起用し、島の地域文化の雰囲気をカメラに収めた。学生7人がそれぞれの視点で制作し、完成した作品は来年2月に島で開く試写会で披露する。優秀な作品は映画の作品展にも出品する予定だ。
 同大学の就農体験「徳之島プロジェクト」の一環。前期課程で動画制作を学んだ学生が土地の風土を紹介しながら、「個の記憶、土地の記憶」をテーマに10分程度の物語を制作する。
(記事全文は南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース