昭和の石油発動機50台、一堂に 九州の愛好家ら運転、展示 曽於

(2017 09/14 20:25)
昭和前半に活躍した石油発動機を集めた展示会=曽於市大隅
 昭和初期から30年代にかけて活躍した、石油発動機を一堂に集めた展示会が10日、曽於市の道の駅おおすみ弥五郎伝説の里であった。愛好家が持ち寄った約50台が独特の運転音を響かせた。
 九州石油発動機愛好会が、半年に1度開いている運転会。九州各県から約40人が参加し、高知県から来た人もいた。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース