ヒガンバナの里山満喫 霧島・竹子でふるさとウオーク

(2017 09/27 21:50)
ヒガンバナが咲く網掛川沿いを歩く参加者=24日、霧島市溝辺町竹子
 のどかな田園地帯が広がる霧島市溝辺の竹子(たかぜ)地区で24日、「竹子ふるさとウオーク」があった。県内外から約130人が参加。ヒガンバナや黄金色の稲穂など里山の風景を楽しみながら、網掛川周辺の5~10キロを歩いた。
 地元出身者らでつくる東京みぞべ会の提案がきっかけで始まり9回目。参加者は3コースに分かれて自然を満喫。途中の据石ケ岡頂上では地元住民がお茶などを振る舞い、溝辺中学校の生徒はコース案内をサポートした。
(記事全文は28日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース