県内市町村に衆院選投票用紙発送 鹿児島県選管

(2017 10/06 00:00)
投票用紙の入った段ボール箱を運び出す職員=鹿児島県庁
 鹿児島県選挙管理委員会(鎌田六郎委員長)は5日、22日投開票の衆院選の投票用紙を県内43市町村に発送した。小選挙区、比例代表合わせて277万4954枚。
 県庁で出発式があり、房村正博書記長が「選挙は民主主義の根幹で、国民が政治に関われる場面。投票用紙を確実に届けてほしい」とあいさつ。職員12人が投票用紙の入った段ボール約260箱を次々と運び出した。6日までに全市町村に届く予定。

フォトニュース