「気軽に相談を」 鹿児島、宮崎の福島原発事故避難者が交流会

(2017 10/09 23:30)
福島の現状などについて情報交換する避難者ら=9日、鹿児島市
 東京電力福島第1原発事故後、福島県から鹿児島県や宮崎県に避難した住民らの交流会が9日、鹿児島市のかごしま県民交流センターであった。支援制度や日頃の暮らしなどについて情報交換した。行政側は「気軽に相談を」と呼び掛けた。
 福島県から鹿児島県に避難している人は、9月14日時点で82人。ふくしま連携復興センターの藤岡恵美子さんは「最近は、福島に帰りたいが病気や生活困窮で困っているという相談が多い。一人で抱え込まないで」と話した。電話相談窓口(月・水・金曜日)=024(573)2731。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース