キャンドル、秋夜焦がす 薩摩川内・国分寺跡

(2017 10/10 22:00)
幻想的な雰囲気を演出するキャンドルアート=薩摩川内市の薩摩国分寺跡史跡公園
 薩摩川内市の薩摩国分寺跡史跡公園で6日、恒例の「薩摩国分寺秋の夕べ」があった。約5000個のキャンドルアートが園内を幻想的に照らし、多くの家族連れらが太鼓や薩摩琵琶の演奏を楽しんだ。
 地域の文化財や芸術に親しんでもらおうと市と市教委が主催し、19回目になる。色とりどりの紙袋にろうそくをともしたキャンドルアートは、地区コミュニティ協議会のメンバーやボランティアらが協力して設置した。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース