かごしまの新特産品コンクール 最高賞決まる

(2017 10/13 13:00)
食品部門の知事賞を受けた「黒さつま鶏生ハムスライス」=鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル
 「かごしまの新特産品コンクール」が12日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルであった。最高賞の県知事賞に、食品部門はナンチク(曽於市)の「黒さつま鶏の生ハムスライス」、工芸・生活用品部門はジャパンポーレックス(霧島市)の「ポーレックスお茶ミル・II」が決まった。
 生ハムスライスは、自社農場で飼育する黒さつま鶏の加工品として開発。鹿児島の食文化である鶏刺しに近い食感を目指した。
 お茶ミルはセラミック刃を独自の整形技術で加工し、茶葉を18ミクロンまで細かく砕く機能性が特徴。料理や菓子材料などに用途を広げるのを狙った。
工芸・生活用品部門で知事賞を受けた「ポーレックスお茶ミル・II」=鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース