大阪へカンパチ定期便 鹿屋市漁協、週1回の出荷開始

(2017/10/19 23:20)
大阪に出発する活魚車に手を振る関係者ら=鹿屋市漁協
 鹿屋市漁協は19日、大阪市の中之島漁港にカンパチの出荷を始めた。週1回、「かのやカンパチ」などを陸路で運ぶ定期便。関西圏での販路拡大や知名度向上を狙う。
 定期便は、中之島漁港のほか関西で飲食店などを展開するRETOWN(リタウン、大阪市、松本篤社長)が運行する。8トンの活魚車に200~300匹を乗せて約16時間かけ運び、系列店や別会社の居酒屋に卸す。鹿屋市漁協はブランド養殖魚「かのやカンパチ」を中心に、カンパチをさらに成長させた「アカバラ」も売り出す。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース