台風22号 鹿児島県本土・熊毛、28日夜にも強風域

(2017/10/28 00:30)
 台風22号は27日、沖縄の南海上を時速20キロで北北西に進んだ。予報円の中心を進んだ場合、奄美地方全域が28日明け方までに風速15メートル以上の強風域に入り、県本土と種子・屋久地方も同日夕方~夜、強風域に入る見通し。鹿児島地方気象台は、29日にかけて土砂災害や低い土地の浸水に警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、27日午後9時現在、台風の中心気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートル。中心から北側440キロ、南側390キロ以内が強風域となっている。
 大気中の水蒸気量が少なく、台風の発達は鈍いが、28日には風速25メートル以上の暴風域が発生するとみられ、十島村を除く奄美地方は同日午後、暴風域に入る恐れがある。
 奄美地方の同日午後6時までの24時間雨量は多い所で250ミリ、最大風速は25メートル(最大瞬間風速35メートル)と予想される。
 奄美大島の各港では、漁師らが漁船をロープで固定し台風に備えた。伊勢エビ漁をする奄美市名瀬の長谷川祝治さん(36)は、台風21号の接近前から1週間以上も漁に出られず、「早く過ぎ去ってほしい」と困り切った表情だった。
【台風進路予想】


気象情報

フォトニュース