関ケ原供養祭 義弘公を顕彰 加治木・精矛神社

(2017/11/13 06:30)
供養祭の後、祭文を読み上げる甲冑隊=姶良市の精矛神社
 島津義弘を祭る姶良市加治木の精矛(くわしほこ)神社で4日、関ケ原合戦供養祭があった。義弘の功績を顕彰する「薩摩ISHIN祭」もあり、甲冑(かっちゅう)隊が祭文を奉納した。
 供養祭には約20人が参列。関ケ原で敵中突破を果たし、家族や部下を大事にし、学問に秀でた文化人だったとされる義弘をしのんだ。式典後、神社が来年の大河ドラマ「西郷どん」のロケ地となったことが紹介された。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース