女子の制服「スラックスOK」、全国で広がる 鹿児島県内では鹿児島情報高導入

(2017/11/22 13:00)
女子生徒もズボンを自由に選択できる鹿児島情報高校の制服=21日、鹿児島市谷山中央2丁目
 男子の制服はスラックス、女子はスカートという決まりをなくし、男女ともスラックスを選べるようにする学校が全国的に増えつつある。機能性の高さに加え、心と体の性が一致しない性同一性障害の生徒に配慮する狙いもある。鹿児島県内では鹿児島情報高校(鹿児島市)が導入している。専門家は「スラックス着用が性的少数者(LGBT)のカミングアウト(公表)につながらないよう、どの生徒も自由に選べる環境が大切」と指摘する。
 鹿児島情報高校は2005年度から、女子生徒がスカートとスラックスを選べるようになった。リボン、ネクタイの組み合わせも自由。性同一性障害や男らしさ、女らしさにこだわらないジェンダーフリーの考え方も考慮したという。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース

広告