師走の県都 幻想の装い みなと大通り公園イルミネーション

(2017/12/02 06:30)
師走の夜空を華やかに彩るイルミネーション=鹿児島市のみなと大通り公園
 鹿児島市のみなと大通り公園で1日、毎年恒例のイルミネーションが点灯した。約12万球の発光ダイオード(LED)のオレンジ色の温かい光が、師走の街を幻想的に包み込んでいる。来年1月31日まで。
 今年はケヤキ57本に電飾を取り付けた。木を見上げながら散歩したり、スマートフォンで写真を撮ったり楽しむ姿が見られた。
 家族4人で訪れた鹿児島市清水町の主婦森田典子さん(40)は、「毎年楽しみ。きれいなイルミネーションに癒やされて、寒さも和らぐ気がする」。
(記事全文は2日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース

広告