ススキ“秋色” 7日は「白露」 えびの高原

(2017 09/06 23:00)
心地よい秋風に揺れ、鮮やかなえび色に染まるススキの穂=えびの市のえびの高原
 7日は二十四節気の「白露」。暦の上では大気が冷えて、草花の露が白く見え、秋の気配を感じ始める頃とされる。えびの高原(えびの市)では、涼しい秋風に揺れるススキの穂が、赤みを帯びたえび色に染まり、見頃を迎えている。
 ただ、同日の鹿児島県内の最高気温は、鹿児島市34.6度、奄美市34.7度など、各地で真夏の暑さとなった。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース