串木野沿岸で捕獲のサメ、バーガーに 23、24日、博多駅前で販売

(2017 09/20 23:45)
材木伊賀松さん
 福岡市中央区の居酒屋店主が23、24の両日、JR博多駅前で開かれる博多ファーマーズマーケットに出店し、いちき串木野市沿岸のサメを使ったバーガーと串カツを販売する。漁獲物を食いちぎったり漁具を壊したりするサメ被害の現状を知り、有効活用模索の一助になればと開発した。
 「だるま屋」の材木(ざいき)伊賀松(いがまつ)さん(37)。いちき串木野市には先代から世話になっている酒店があり、いつか恩返ししたいと考えていたという。居酒屋の常連客だった縁で、いちき串木野市の地域おこし協力隊員板垣勝さん(47)に相談、サメを提案された。「福岡では食べる機会がなかなかない。インパクトがある」と食材に決めた。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース