マルエーフェリー 奄美―阪神航路の旅客休止 志布志経由の貨物専用に

(2017 09/01 13:00)
10月10日で運航休止が決まった阪神航路の「琉球エキスプレス」(マルエーフェリー提供)
 マルエーフェリー(奄美市、有村和晃社長)は31日、奄美群島4島に寄港し神戸・大阪と沖縄をつなぐ阪神航路の旅客フェリー「琉球エキスプレス」(6266トン、定員240人)の運航を10月10日で休止すると発表した。11日からは志布志、名瀬港経由の貨物船「琉球エキスプレス2」(1万758トン)に切り替える。
 離島の少子高齢化や格安航空会社(LCC)就航による利用者減、燃料費の高止まりで旅客事業継続は困難と判断した。
(記事全文は1日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース