国内海外の主要ニュース

九州の豪雨で文化財被害26件超 寺院や水車、土砂に埋まる2017年07月16日

豪雨で土砂が流れ込んだ国指定重要文化財の寺院「普門院本堂」=8日、福岡県朝倉市(県教育委員会提供)
 九州北部の豪雨により、福岡、大分両県で国や自治体が指定したり登録したりした文化財のうち、国の重要文化財「普門院本堂」や国史跡「三連水車」が土砂に埋まるなど、少なくとも26件が被災したことが16日、両県教育委員会への取材で分かった。被害の大きい地域では調査が進まず、今後増える可能性がある。被災者への対応が優先となり、修復は時間がかかりそうだ。
 両県教委によると、同日夕までに判明した被災件数は、福岡県で9件、大分県で17件。
 内訳は、福岡県で国指定が5件、県指定で3件、朝倉市指定1件。大分県は、国が指定や登録をしているものが15件、県指定で2件となっている。
 

  記事一覧