小惑星に「Chinacyo」 札幌の天文家発見 知名、町制70年記念し実現

(2017 06/11 13:00)
平安正盛町長(左)に小惑星の認定証を贈る渡辺和郎さん(中)と寺門邦次さん(右)=知名町
 火星と木星の間にある小惑星の一つが、知名町にちなみ「Chinacyo」と命名された。町は6日、発見者らを招いて記念式典を開いた。
 小惑星は1996年に天文家の渡辺和郎さん(62)=札幌市=が発見した。直径約6キロで、太陽の周りを3.76年かけて1周する。名称は国際天文学連合小惑星センターが今年1月12日に認定した。町によると、渡辺さんが発見した小惑星で、県内の自治体名がつくのは長島町、姶良市に次ぐ3例目。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース