五輪に向けテロ対策訓練 10管

(2017 09/12 13:00)
2隻で呼び掛けに応じない船(中央)を挟み、乗り込む特別警備隊員=鹿児島市の谷山港沖
 3年後の東京五輪や鹿児島国体に向け、第10管区海上保安本部は11日、鹿児島市の谷山港でテロ対策強化のための訓練をした。鹿児島海上保安部の巡視船「こしき」の特別警備隊員ら26人が、犯人役を船上で制圧したほか、ゴムボートを使って不審な船を停船させる訓練などを実践した。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース