パリ万博を追体験 鹿児島市・黎明館で企画展

(2017 09/13 13:00)
第2回パリ万博で展示された日本の特産品などを紹介する企画展会場=鹿児島市の黎明館
 日本が初めて正式参加した1867年の第2回パリ万博から150年の節目に合わせ、企画展「薩摩からパリへのおくりもの」が12日、鹿児島市の黎明館で始まった。万博出品リストや会場図など国内外の資料約130点が並び、当時を追体験できる。来年1月8日まで。
 フランス国立公文書館が所蔵する展示場写真を展示、従来幕府のものとの見方も強かったが、背景や会場俯瞰(ふかん)図から薩摩藩のものと解説する。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース