タガメ増やせ 絶滅危惧種、繁殖進める 鹿児島玉龍高・かごしま水族館

(2017 09/24 13:00)
タガメの採取や育成、放流に携わった鹿児島玉龍高校サイエンス部の生徒
 鹿児島市のかごしま水族館と鹿児島玉龍高校が、鹿児島県の絶滅危惧I類に指定されているタガメの繁殖と、自然に帰す取り組みを進めている。水族館で産まれた約50匹を、9月上旬、初めて県内の沼に放した。今後経過を観察していく。
(記事全文は24日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース