志布志―大阪航路 16年度旅客数14万8266人最多

(2017 05/27 06:30)
 志布志―大阪航路の2016年度旅客数は14万8266人(前年度比82人増)で、海運3社が09年度に事業統合して「フェリーさんふらわあ」(大分市)となって以降最多だった。鹿児島市で26日開いた利用促進協議会で同社が報告した。
 16年度輸送実績は、トラック・トレーラー7万2795台(前年度比3%増)、乗用車3万174台(同4%増)、無人車1万873台(同13%増)、バス448台(同41%増)。いずれも10年度以降で最多だった。
(記事全文は27日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース