小正醸造 ウイスキー製造参入 日置に蒸留所

(2017/11/18 13:00)
小正醸造のウイスキー生産拠点「嘉之助蒸留所」に設置された蒸留窯3基=日置市日吉町神之川
 焼酎メーカー小正醸造(鹿児島市)はウイスキー事業に参入し、日置市日吉町神之川に新設した「嘉(か)之助蒸留所」で14日から仕込みを開始した。本格出荷は3年後を見込む。同社によると、ウイスキー製造に取り組む地元メーカーとしては本坊酒造(鹿児島市)に次ぎ2社目。
 焼酎の蒸留技術を生かせる分野として2年ほど前から準備を進めてきた。9日に製造免許を受けた。
 小正醸造の焼酎貯蔵庫隣にある所有地に、新蒸留所が10月末に完成した。敷地面積9960平方メートル、鉄骨2階建て延べ床面積約1700平方メートル。1日に最大麦芽1トンを糖化できるという。
(記事全文は18日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース