プロサーファー技競う 種子島で初のプロ大会、本戦開始 

(2017 09/23 06:30)
波をとらえテクニックを競うプロ選手=南種子町の竹崎海岸
 国内最高峰の日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボードツアー第6戦の本戦が22日、南種子町の竹崎海岸で始まった。種子島では初めてのプロ大会。全国からトップサーファーが集まり、華麗なテクニックを競い合った。24日まで。
(記事全文は23日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース