奄美市の白畑さん、香港の難コース攻略 国際カヌー大会で「銀」

(2017/12/02 23:30)
部門2位の好成績でゴールした白畑瞬さん(本人提供)
 奄美市名瀬のマリンスポーツガイド白畑瞬さん(32)が、11月に香港であったカヌーの国際大会で銀メダルを獲得した。「奄美大島での練習が実を結んだ。多くの人の支えに感謝したい」と喜んだ。
 アジア連盟主催の「オーシャンレーシングチャンピオンシップ」。カヌーの一種、サーフスキーで外洋のコース23キロを巡り、タイムを競う。船体はシーカヤックのように細長く、波に乗りやすい半面、安定性に欠け、難易度が高い。
 大会には台湾、中国などから47人が出場。レース中は大型タンカーが往来し、不規則な高波が押し寄せる難しい条件だったが、白畑さんは全選手の中で3位、24〜39歳の部門で15人中2位に入った。
銀メダルを手にする白畑瞬さん=奄美市役所
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース