観光客に吸い殻入れ人気、海岸美化へ住民ら製作 与論

(2017 10/09 20:00)
ヨロン島観光協会で無料配布されている吸い殻入れとメッセージカード=与論町茶花
 与論島で海岸清掃に取り組む住民らが製作したたばこの吸い殻入れが、観光客らの人気を集めている。与論町茶花のヨロン島観光協会で3月から無料配布されており、担当者は「デザインがおしゃれで機能性も高い。記念の貝殻入れなどとしても好評」と話す。
 観光ガイドの池田龍介さん(32)=同町古里=が発案した。2014年から3年間、毎朝海岸の漂着ごみの回収を続けた池田さん。インターネットなどを通じて参加者を募っていたが、「誰もが気軽に海岸美化に取り組めるように」と、製作を思いついたという。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース